五月エコ・新井洋平|ウミネコ楽団

http://uminecogakudan.com/

五月エコ(ウミネコ楽団):クロマチックアコーディオン
新井洋平(ウミネコ楽団):コントラバス

ウミネコ楽団

ウミネコ楽団

五月エコ(ボタンアコーディオン)と新井洋平(コントラバス)の世界最小楽団。

美しいメロディのオリジナルナンバーと、北欧や東欧など世界各国の伝統曲を演奏する。

2ndアルバム「Gasparo」では映画のサウンドトラックのような大編成のプロダクションも披露。ジャケット画は西野亮廣氏(キングコング)。

2016年より砂絵とのコラボレーションによる舞台(サンドアートコンサート「Gasparo」)を創作し、西宮と横浜、神戸のコンサートホールで上演。

2017年12月には、東京キネマ倶楽部で行われた「天才万博」に出演。

2018年8月には、テーマ曲に楽曲を提供した、西野亮廣(キングコング)主宰の「世界で一番楽しい学校 サーカス!」(千葉舞浜アンフィシアター)に出演。

2018年11月25日(日)、「誰でも楽しめるユニバーサル劇場型音楽会」として、過去最大編成でのサンドアートコンサート「Gasparo」を、地元伊丹の「東リ いたみホール」大ホールで開催。一般公演としては最後の上演となる。