辻本明日香・辻本恵理香|Happy Twins

http://www.happytwins.jp/

辻本明日香(Happy Twins):ヴァイオリン
辻本恵理香(Happy Twins):ヴァイオリン

 

Happy Twins(ハッピーツインズ)

happy twins

2000年にヴァイオリン2本、チェロ2本のカルテット「クローバー」を結成。大阪、インド公演を成功させる。

「音楽を通して架け橋になりたい」という熱い思いが通じ、インド・日本の両新聞 (Bangalore Times,Indian Express, 朝日新聞)で大々的に報道される。

この活動が現在のHappy Twinsの原点となる。

2007年、ヴァイオリンデュオ Happy Twins結成。

2008年10月にはロンドン、St. Dunstan教会およびブリストル大聖堂でデゥオリサイタルを行い大成功をおさめる。

引き続き2009年にもSt. Dunstan教会およびブリストル大聖堂でデゥオリサイタルを行う。

以降、音楽の楽しさ、喜びを全世界に広めるためにジャンルにとらわれず国内外で幅広く活動を行っている。

 

辻本明日香

4歳からヴァイオリンを、7歳からピアノを始める。

2004年に英国王立音楽院(Royal Academy of Music)へ入学。

最大に尊敬する師匠、宗倫匡氏に師事。

2006年Winifred small solo violin prizeで優勝、Homi Kanga Memorial Prize(2007)、Marjorie Hayward Prize(2008) で最優秀賞を受賞。

2008年6月、同大学をfirst class、ヴァイオリン部門を第3位で卒業。

これまでに、ヨーロッパ、アジア各地で公演を行いメディアにも取り上げられる。

また、様々なアーティストとのコラボレーションを目的とした活動母体「Music Circus」を組み、奮闘中。

そのかたわら、ヴァイオリン講師やインターナショナルスクールでの音楽講師も務める。
ヴァイオリンはFiolini Guiseppe(1925)を愛用。

 

辻本恵理香

4歳よりヴァイオリンを、7歳よりピアノを習い始める。

11歳から北大阪ユングゾリスデンに入団し、これまでにオーストラリア、バンコク、ドイツ、フランス、クロアチアなど多くの国々への演奏旅行を行う。

2002年大阪音楽大学に入学し、在学中コンツェルトコンサート・カレッジコンサート・カレッジアンサンブルコンサート・ミレニアムコンサートなど多くのコンサートに出演。

2006年よりロンドンへ留学し、2008年夏にはブリストルの大聖堂にてデュオコンサート、ロンドンでもリサイタルを行い活動の場を広げた。

現在関西を中心に、ホールや公共施設などで幅広く奏活動を行う。また、様々なアーティストとのコラボレーション目的とした活動母体「Music Circus」を組み、奮闘中。

これまでに、杉山笙子・木田雅子・宗倫国、各氏に師事。